8/9ハグの日ライブペイント

8/9ハグの日のイベントでガーデンヒルズ迎賓館 大宮でライブペイントしました。

写真や動画をセットで撮れるファミリー向けのイベントでそのワークショップエリアの一画で2時間ほど描かせていただきました。

ベースの布は染色家のPOPOさんにお願いしました。


HUG8.9

HUGという言葉は英語ですが、スカンジナビア語からきているという説があります。

スカンジナビアとはノルウェー、スウェーデン、デンマークの3国の事をさし、それぞれの国獣になっている、

ノルウェー=ヘラジカ:イメージカラー青

スウェーデン=ライオン:イメージカラー黄

デンマーク=コブハクチョウ:イメージカラー白

をモチーフに選びました。

色はそれぞれの国の国旗に描いてあるスカンジナビアクロスと言われる十字の色からきています。

青は自由、黄は太陽、白は力を表すとしています。

よく見ると3匹の動物がハート形を作っています。

今回の会場が結婚式場という事で、仲の良い夫婦、おしどり夫婦という言葉になっているオシドリを中央に描きました。

8/9のハグの日というのは広島からの発祥らしく、この日はかつて長崎に原爆が落ちた日でもあります。

広島で生まれ、長崎のこの日をハグの日にしたのは、過去の悲しさを忘れずに、でも今を幸せに生きる願いが込められているのではないかと思い描きました。

またオシドリは長崎の県鳥でもあるので、結婚式場とHUGの日の歴史がクロスしたこの日に相応しいモチーフになったのではないかと思います。


佐藤周作 Shusaku Sato

動物墨絵師として活動する佐藤周作のページです。 作品のポートフォリオ、活動告知や発表やオーダー作品の受付なども行えます。 1985年生まれ東京都出身 2008日本大学藝術学部美術学科絵画コース卒 2008年の春より「動物」「墨」を用いて作品を描き始める。 2017年よりフリーランスのアーティストとして活動しはじめる。

0コメント

  • 1000 / 1000